= ローン定数(Loan Constant) =

ローン残高に対する年間返済額の割合を示す指標
ADS ÷ Loan = Loan Constant 年間借入金返済額 ÷ 借入金額 = ローン定数収
ローン定数は「返済期間」と「金利」の相関関係にあり、返済期間が短いとローン定数は上がり、逆に長いと下がります。 読もう A

 *不動産投資において、借入金の活用は非常に重要である

  1. 購入総額に占める借入金の割合が高いほど、投入する自己資金は少なくなる。
  2. 借入割合が多いと、毎月の返済額は多くなり、
  3. DCR(返済倍数)は下がるが、
  4. 一般的にレバレッジが効いている場合は、CCR(自己資金利回り)の数値は上がる。

= 返済に関する計算 =

返済額を求める
ローン残高 千円
金利 %
借入期間
*年間返済額 千円
*毎月の返済額 千円

戻る