= 稼働率と解約率 =

*求めるもの
稼働率から逆算する平均空き室日数
(空き室 = 賃料が発生しない日数)

例 1棟マンションの場合

  1. 10部屋 1部屋6万円/月
  2. 解約率 20%
    解約率とは年間で何個の退去数があったのから考える。
    この場合は10部屋で年間2部屋の退去がある。
  3. 例1 稼働率80%
    稼働率とは365日を通しての全部屋の稼働率
  4. 例2 稼働率98%

計算式
365日 X 年間通しての空き室率(100-稼働率) ÷ 解約率 = 空き室日数

例1の場合
365 X 20% ÷ 20% =365日
空き室日数 365日(1年)

例2の場合
365 X 2% ÷ 20% =37日
空き室日数 37日(1か月強)

*結果からの考察

一年かかって決まる物件と1か月では コスト増、劣化・部屋維持問題 などで大きな差が生じる。

とにかく稼働させることが大事
365日 - 37日 = 約11か月の違い。
家賃で考えると
6万 X 11か月 = 66万
これだけの差が生じる。

(空き室視点で考える)
11か月後に平均居住年数(5年)契約するのと
1か月(37日)で契約する場合

66万 ÷ 60か月(5年) = 11,000円/月

もし、1か月で すぐ決まるのなら
60,000円 => 49,000円にしても(18%ダウン)
1年待って6万円で借り手を探しても同じ。
まだ維持費が掛からない分良い

ただし例2は80%の稼働率例、稼働率が70%なら548日(1年半)空き室のままという計算になる。

とにかく稼働させることが一番である。

稼働を上げる方法は?

  1. 値下げ?(守り)
  2. 物件の価値をあげる。:物件リニューアル(攻め)

戻る